台湾は、ある意味で日本以上に熱心な村上春樹ファンが多数居る国です。

2014年9月には台北近くの私立淡江大学で世界で初めて国際的な

研究拠点を目指して「村上春樹研究センター」が設立されています。

そこを訪問して交流し、代表作『羊をめぐる冒険』(1982年)の

舞台が美深町仁宇布地区に存在することを知らしめたいと思います。

その他にも、ファンが集う場所、公館近くの村上春樹好きの隠れ家

「海邊的卡夫卡」(海辺のカフカ)や台湾大学付近に在る知的な雰囲気の

「挪威森林」(ノルウェイの森)などカフェも訪れて、交流する予定です。

戻りましたら、写真などで報告します。