ノーベル文学賞の受賞者発表日である10月10日(木)午後6時より開催される「第8回 村上春樹朗読会」の講演と朗読の内容が決定しましたのでお知らせします。

下川町在住の自称肩書き「ノルウェイの森出身」、奈須 憲一郎さんが、「村上春樹と内発的発展論」のタイトルで講演します。

また、専修大学大学院生の飯干大嵩さんが、2013年4月、13作目の長編小説として発表された
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を朗読します。

今回は初めて仁宇布から離れ、美深町内で、「日本最北のクラフトビール工場と赤レンガレストラン」として現在話題を集める「BSB」で開催されます。オリジナルのビールを楽しみながら、講演と朗読を存分にお楽しみ下さい。